ズボラでも節約できる!34歳の空回り奮闘記 - 生命保険不要論!!あれから二年…無駄にした金額は!?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

生命保険不要論!!あれから二年…無駄にした金額は!?

■生命保険はいらない!!


こんにちは。


ズボラ節約主婦のaiです。



二年前に家計の見直しの末に、固定費削減⇒生命保険の必要性に疑問を感じ、結論としては


生命保険は不要!!


という持論に行きつきました。



あれから、、、、、



旦那にもちょくちょく生命保険解約したいな~~~♪



と、アピールしていて、



旦那も、


学資だったら解約してもいいな。

保険会社にでんわしやな・・・・・



とはいっていたのですが。




結局まだ、解約できていない現実。




忙しいが口癖の旦那。


雇われていた時も、独立して自営業になってからも、

二言目には忙しいという旦那。。。。



保険屋さんに電話するのが面倒なようです。



名義人が旦那なんだから、解約もあんたじゃなきゃできないんだよ~~~!!





■我が家の保険料内訳!!

fc2blog_201507111029089e2.jpg


  • 学資保険     10730 
  • 医療・生命保険  15192
  • がん保険     3813
  • 団体信用生命保険 4570


合計34305円

プラス、私のがん保険と医療保険が約3000円ほど。

(こちらは母親が知り合いのつてで入って、なかなか解約しずらい件)


解約できずにずるずる、、、、、



無駄にしたお金。


37305円×24カ月=89万5320円




・・・・・・・



え!!




ちょ。




自分で計算してびっくりしました。



え。


心臓バクバクしてきた



89万円ですよ!!二年間で。


一年間で約45万円ずつ、保険会社に払ってしまった



この二年間で、旦那は大病煩わず。

医療保険にお世話になるほどのけがもナシ。

ちょこちょこ小さなケガがするものの、自費で通院して終了。



ほんとに、、、、、

保険って不要ですよね。


良く保険で安心を買うんだっていうけど、

それ一生買わなきゃいけないんですよね!?



まあ、建設関係の自営業を営む旦那は、

医療保険に入っていないと現場に入れなかったりするらしいので


全部が全部、解約するってのは現実には不可能なんですが。



それにしても、

体力が衰えてけがをする可能性の増える50代、60代までまだ

10~20年はありますよ。



たとえば娘の学資が満期になる10年後まで

今のまま保険に入り続け、

旦那はがんにも、7大疾病にもかからずピンピンしてたとしたら



37305円×120カ月=440万6600円



そのうち半分くらいは学資で戻ってくるとしても


200万円はどぶに捨てることになるんですよ~~~~!!


10年後は旦那まだ40代ですよ



人生何があるかわからないけど、

何もないかもしれない。



10年後、手元に200万なのか

10年後、手元に440万なのか。


倍違うなら440万貯金増やしておきたいな~~~~


そしたら娘の進学費用だって賄えるし

たとえ旦那ががんになっても

治療費賄えるし、生活費だって何とかなる。


国の医療制度も、高額に払いすぎた分は戻ってくるんだし!!



もったいないことしたな。。。。。。





■でもやっぱり安心もほしい



手の力


人の人生、何が起こるかわからない。

 

何もないかもしれないけど

何かあるかもしれない。



そこは誰にもわからないので備えは必要ですね。



貯金で備えができるのであれば

生命保険は100%必要ないです。



でも、子育て世代はなかなか出費がへらないので

万が一の対処をするだけの貯金を蓄えるのは大変かもですね。



よく、毎月の生活費の最低でも3カ月分は貯金が必要と聞きますが


わたしは1年分くらいないと不安かな。



今は頑張って節約とパートで貯めてますけどね。




万が一の安心を買うための保険は必要最小限でいいと思います。




■まずは貯金計画を立てましょう。


計算機


私はExcelで、武田勉FPのまねごとをして、表を作りました。



旦那と自分の年間収入

年間支出

毎年のイベントによる支出

定期的な車の買い替え


などなど


今現在から50年後まで表にして

教育費がかかるピークや、貯金残高が減るであろう時期まで


なんとなくですが、頭に入っています。



武田つとむFPの顧問会員になれば

武田FPに資料作ってもらえますけど


わたしは旦那が渋ったので、待ち切れず自分で作りました。



全く正確な数字ではないと思いますがおおよその人生の見通しを作ることはできました。


ズボラ主婦aiが尊敬するFP

武田つとむFPのブログ



自己流ですが、見通しが立てれると、安心感も増えます。





■計画を立てたうえで、保険を検討するなら掛け捨てのものを



ある程度、万が一旦那が死んだ場合の毎年の生活費の支出

自分の見込み収入、

国からもらえる遺族年金


もろもろを計算して、

足りないな、、、と思ったらその分だけの保険に入りましょうね。



今は入っている保険が保証額が高すぎるなら

見直しをするのがおすすめです。




私も以前、保険の無料相談にのってもらいましたが


一つ注意点。


あくまでも保険の無料相談とはいえ相手は営業のプロです。



上手に不安をあおってくるので、

それに負けない知識を身に着けて

的確な補償内容の保険を紹介してもらってください。



保険の無料相談をするなら

無料相談でプレゼントもらえる→【保険見直しラボ】

Category: 生命保険

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。